小型敵と中型敵の特徴(攻略編)

表情豊かな敵さんたちの攻略向けのまとめです。豆知識な部分が多いので、無くてもいいけどあったら楽しい、そんな感じを目指します。気がついたことがあったら加筆するかもです。


【魔物種】

魔物種は大きかったり硬かったり攻撃範囲が多かったり、と結構やっかいな子ばかりです。しかし、赤いコアが共通しての弱点なので、そこを突きましょう。

  • ゴーレム

※共通してお目目みたいなコアにパニックの状態異常を与えると目を回したかのように1秒弱ぐらい上を向きます。一瞬とはいえ行動は止まるのですが、コアに直接の攻撃は少し難しくなるのが難点です。

レスタゴーレムとボンバーゴーレムは腕を壊すとそれぞれ固有の行動に支障が出ます。

レスタゴーレム:回復行動のチャージ時間が長くなり、隙が多くなる。

ボンバーゴーレム:壊れた腕の方は玉投げが出来なくなる。

ロックゴーレムは腕振りのリーチが短くなったかな?と言うくらいしか言えないです(´・ω・`)


【その他】

・アポストロドラゴン

クロームドラゴンの亜種とも言える敵です。

基本的な動きはクロームドラゴンをとりますが、激しいほど攻撃が追加されていたりもするので非常に手強くなっています。

行動はもとより呼び出すダーカーも変化し、「ゴルドラーダ」「リューダソーサラー」「サイクロネーダ」と少し厄介に。

また、ダーカーを引き寄せる攻撃ではアークスも引き寄せられ、通常時ではそこまで痛いダメージはないものの、ダークブラストを使用していると戦闘不能になるレベルのダメージを受けます。ダークブラスト使用時に予兆が見えたら頑張って距離を取りましょう。

LINEで送る
Pocket

About 葉っちゃん 12 Articles
ナイツオブナイツのマスター

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください